PROFILEプロフィール

English

正木文惠

徳島県鳴門市出身。5歳よりピアノを始める。毎日新聞社主催全四国音楽コンクール四国1位。武蔵野音楽大学音楽学部ピアノ科卒業、本多万里子氏に師事する。 鳴門教育大学大学院及び研究生修了、村澤由利子氏に師事する。大学院修了後、オーストリア・ウィーン国立音楽大学教授のヴァイスハール・ ドボラック、アレキサンダー・イエンナー、パウル・バドゥラ=スコダ各氏に師事する。

ドイツ・スタイナウ市で開催されたスコダ氏主催の演奏会に出演、好評を博す。鳴門教育大学助手を務め、在任中E.グリーグの音楽を研究、論文を発表する。『グリーグ・ピアノ・リサイタル』を東京(音楽の友ホール)、徳島(ヨンデンホール)にて開催する。2000年には、ノルウェー政府給費留学生として、国立オスロ大学音楽学部に留学し、音楽学をアルヴィド・O.ヴォルスネス教授、 ピアノをアナリーネ・E.リースネス教授に師事する。後でノルウェー国立音楽大学教授のアイナル・ステーンーノックレベルク氏に師事する。ノルウェー国内にて活発に 演奏活動を行い、『ピアノ・リサイタル』を(オスロ大学)、(オスロ在日本大使公邸)、(ムンク美術館)、(ドラメン市劇場ハルモニエンホール)等にて開催する。またノルウェーの著名なソプラノ歌手、ヴォディール・アーネセン、エリザベス・タンドベルク各女史と競演、好評を博す。ノルウェーの代表的な音楽祭の一つとされる『トロルドハウゲン夏の音楽祭(ベルゲン市)』に招待され、『ピアノ・リサイタル』を行い、好評を博す。幅広い分野で演奏活動を展開しているが、近年ではE.グリーグの音 楽を主とする北欧音楽に力を注ぎ、『グリーグ・ピアノ・リサイタル』他、『北欧の自然と音楽』と題するピアノ・レクチャー・リサイタル(品川区立公民館)、ノルウェー国交樹立100周年を記念する『ピアノ・リサイタル』(すみだトリフォ二-ホール)等を開催する。2004年には、待望のファーストアルバムCD「GREIG PIANO WORKS」をリリースし、『CDリリース記念リサイタル』(めぐろパーシモンホール)を行う。2016年には、セカンドアルバムCD「GRIEG VALEN JOHENSEN~北欧ピアノ曲集」をリリースし、『CDリリース記念リサイタル』(東京都日暮里サニーホール)、及び『ミニライブ&サイン会』(タワーレコード渋谷店)を開催する。ノルウェー人ヴァイオリニスト、ヤン・ビョーランゲル氏との『ジョイントリサイタル』を東京、徳島で開催し、好評を博す。この演奏会は、音楽の友(2015年11月号)演奏会批評で好評を得た。『グリーグ抒情小品集全曲演奏会』、『グリーグ講座』出演他、数多くの演奏会に出演している。こういった活動は、デメィアでも取り上げられ、インタビュー記事が(ぶらあぼ)、(レッスンの友)、(徳島新聞朝刊)に掲載、及び(Vivace)、(ムジカノーヴァ)でも掲載される。現在では、主に日本とノルウェーを拠点に演奏活動を展開している。

現在 目白大学非常勤講師、東京音楽学院ピアノ科講師、日本グリーグ協会理事。

主な著書・論文

Fumie Masaki

Fumie Masaki studied piano at the Musashino Music University, and at the Graduate School of the National Naruto University of Education. After that,was appointed research associate at there.She studied piano under professors Mariko Honda and Yuriko Murasawa. Also she studied under professors Elisabeth Dvorak Weisshaar, Alexander Yenner and Paul Badura-Skoda who are professors at Vienna Music Academy.Ms.Masaki published several papers on Grieg's piano music,and has held numerous recitals of Grieg's piano works.Ms. Masaki was granted a Norwegian Government Scholarship, and studied Grieg's music at the National University of Oslo under professors Arvid O.Vollsnes, Anne Eline-Riisnæs, and Einar Steen-Nøkleberg. While in Norway, she performed several piano recitals at the Munch Museum (Oslo), the University of Oslo(Oslo), Harmonien Concert Hall(Drammen), and at the Japanese Ambassador's residence(Oslo). Ms. Masaki has traveled extensively and performed internationally to considerable critical acclaim. A few venues include the Troldhaugen Summer International Music Festival(Bergen), and as accompanist for Norwegian sopranos Bodil Victoria Arnesen(Soprano),Elizabeth Tandberg(Soprano) and Jan Bjøranger(Violinist). Ms.Masaki released her first CD(GRIEG PIANO WORKS)and her second CD(GRIEG VALEN JOHANSEN~Nordic Piano Pieces) and held a CD release recitals. Fumie Masaki is currently a music lecturer at the Mejiro University in Tokyo. She is a director of the Grieg Society of Japan.

PUBLICATIONS

  • Masaki, F. Piano works found in Shumann's music

    -Symphonic Etuden Op.13-National Naruto University of Education

  • Masaki, F. The Ethnic Characteristic As Found In Grieg's Piano Music (1)

    University Publication - National Naruto University of Education

  • Masaki, F. The Ethnic Characteristic As Found In Grieg's Piano Music (2)

    University Publication - National Naruto University of Education

  • Masaki, F. E.Grieg's music and Norwegian folk music

    - A Comparison of Grieg's Op.72 with hardingfele music. Magazine of the Japanese Musicological Society

  • Masaki, F. Piano Lessons in Pre-school Music Education

    - University Publication University of Mejiro

  • Masaki, F. The Transition of Grieg's Piano Music Style - An Analysis of Op.17,66 and 72

    - University Publication University of Mejiro

© 2005- Fumie Masaki Official Website all rights reserved.